建築・設計・製図 住吉の長屋・屋久島の家・東大阪の家に学ぶ A4変型92頁

  • 商品数:0
  • 合計:0円
  • 送料無料!

買い物カゴを見る

フォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

キーワード

書籍 > 実務・実用書
カテゴリから探す > 設計・デザイン・企画 > 設計・図面

建築・設計・製図 住吉の長屋・屋久島の家・東大阪の家に学ぶ A4変型92頁

発行: 学芸出版社
監修: 貴志雅樹
著者: 松本明・横山天心
発売日: 2015年11月
商品コード: 030_0239

販売価格(税込):
3,080
数量:
送料無料

商品概要

安藤忠雄、堀部安嗣、岸和郎 原図掲載。
図面を描く力、読む力を身に付ける。

安藤忠雄「住吉の長屋」、堀部安嗣「屋久島の家」、岸和郎「東大阪の家」の名作住宅3題で製図、パース・模型制作、プレゼンテーションと一連のスキルを学べる入門書。中庭をもつ矩形平面という3題の共通点や、周辺環境や構造種別(RC造・木造・S造)に応じた個々のプランニングで、空間を読み解きながらの基礎習得を実現。

ISBN: 978-4-7615-2609-2
目次を表示する

目次 目次を閉じる

Prologue
 住宅を考える
 戦後住宅の変遷
 3つの住宅の特長
 設計図面とは
 設計のプロセスに応じた図面
 手描きの図面とCADの図面
 折図1-6 3つの住宅の原図
  1-2 〈住吉の長屋〉1階平面図兼配置図・断面図兼アクソメ図
      3-4 〈屋久島の家〉1階平面図・立面図・矩計図
      5-6 〈東大阪の家〉3階平面図・断面図
 折図7-8 S=1/50スケールによる平面図の比較
  住吉の長屋・屋久島の家・東大阪の家

Chapter 01 住吉の長屋
◎Introduction〈住吉の長屋〉について
◎Section 01 平面図とは
  1階平面図を描く
  2階平面図を描く
◎Section 02 断面図とは
  断面図Aを描く
◎Section 03 立面図とは
  西立面図を描く
◎Section 04 パースを描く
  1点透視図を描く
  2点透視図を描く
◎Section 05 模型をつくる
  column 読解〈住吉の長屋〉

Chapter 02 屋久島の家
◎Introduction〈屋久島の家〉について
  折図9-10 〈屋久島の家〉 平面図・立面図・矩計図
◎Section 01 木造軸組構法とは
◎Section 02 平面図を描く
  1階平面図を描く
◎Section 03 矩計図を描く
◎Section 04 構造伏図を描く
  基礎伏図・床伏図・小屋伏図を描く
◎Section 05 配置図を描く
◎Section 06 軸組模型をつくる
  column 読解〈屋久島の家〉

chapter 03 東大阪の家
◎Introduction〈東大阪の家〉について
◎Section 01 基本図面を描く
  平面図を描く
  立面図を描く
  断面図を描く
◎Section 02 展開図を描く
◎Section 03 構造図を描く
◎Section 04 階段詳細図を描く
  らせん階段・直階段を描く
  折り返し階段を描く
◎Section 05 アクソメ図を描く
  column 読解〈東大阪の家〉

chapter 04 資料編
◎Section 01 製図の基本
  製図を始める前に
  線の太さと線種、文字の書き方
  図面の種類と役割
  図面の表示記号
  建築図面の図法
◎Section 02 建築設計の流れ
  設計のプロセス
  スケッチとエスキース
  3つの住宅を読み解くキーワード
  プレゼンテーションをする
  模型と模型写真
  ダイアグラムをつくる

著者略歴

【監修】
貴志雅樹(きしまさき)
(1949~2015)元富山大学芸術文化学部教授、貴志環境企画室主宰、一級建築士。1949年和歌山県生まれ。1975年神戸大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。安藤忠雄建築研究所にて「住吉の長屋」を担当し、1978年に独立。2004年高岡短期大学教授、2005年より富山大学教授に着任。2015年1月に逝去。

【著者】
松本明(まつもとあきら)
近畿大学建築学部建築学科教授。松本明建築研究所主宰、一級建築士。1957年香川県生まれ。1983年神戸大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。小河建築設計事務所、浅井謙建築研究所勤務を経て、1994年松本明建築研究所開設。2008年より現職。

横山天心(よこやまてんしん)
富山大学芸術文化学部造形建築科学コース講師。ヨコヤマダ建築設計事務所主宰、一級建築士。1975年富山県生まれ。1998年東京工業大学工学部建築学科卒業。第一工房、長谷川逸子・建築計画工房勤務を経て、2005年に山田秀徳と共に独立。2006年東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻博士課程満期退学。2006年より富山大学助教に着任、2010年より現職。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。