なるほど住宅デザイン (建築知識の本05) A4判154頁

  • 商品数:0
  • 合計:0円
  • 送料無料!

買い物カゴを見る

フォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

キーワード

書籍 > 実務・実用書
カテゴリから探す > 設計・デザイン・企画 > 住宅デザイン
新着商品
  • NEW

なるほど住宅デザイン (建築知識の本05) A4判154頁

発行: エクスナレッジ
発売日: 2017年10月
商品コード: 017_0678

販売価格(税込):
2,592
数量:
送料無料

商品概要

本当に居心地のよい住宅のつくり方が分かる!

住まいを心地よくしたい。美しい空間をつくりたい。
そんな住宅設計の悩みに応える、実力派設計者のテクニックを大公開します。豊富な写真と間取り図を見開きで掲載・解説しているので、手法が視覚的に理解できる構成になっています。

床レベルの操作で場をつくる方法、適度にほの暗い空間をつくる開口部廻りのデザイン、内部と外部のつなぎ方、素材感の引き立たせ方……
心地よいすまいづくりのテクニックが満載です。

ISBN: 9784767823966

目次を表示する

目次 目次を閉じる

【PART1 居室】
床高の操作でワンルームを仕切る
凹凸プランでワンルームを仕切る
床高を操作して場をつくる
空間に複数の機能をもたせる
気軽に腰を下ろせる内部開口部をつくる
床高を操作して空間を広く見せる
視線の抜けをつくり空間を広く見せる
壁を活用して空間を広く見せる
広めの玄関が生活の質を高める
前面道路と玄関に適度な距離感をとる
キッチンのつくり方で住み心地をよくする
落ち着きのある浴室を設える
トイレの手前には間をつくる
狭い土地でも緑を積極的に取り入れる
コートハウスの中庭に植栽を設ける

【PART2 中間領域】
室内に土間空間を設ける
外部から室内への視線を遮る
掃出し窓+窓ベンチで室内外をつなぐ
外と距離をとって室内に落ち着きを与える

【PART3 開口部】
開口部の位置と大きさで採光量を調整する
開口部廻りの壁面形状で光を操作する
開口部の位置で見える景色を操作する
大開口でも外部の視線が気にならない工夫
窓の役割を分けて考える
密集地ではハイサイドライトを活用する
トップライトで室内に光を採り込む
既製サッシを使いつつも、その存在を隠す

【PART4 素材】
露し天井を美しく見せる
素材ならではの質感を生かす
一工夫で素材感を引き立てる
素材を組み合わせて美しく見せる
低コストの素材で空間を美しく見せる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。