リノベーションの教科書 企画・デザイン・プロジェクト B5変型172頁

  • 商品数:0
  • 合計:0円
  • 送料無料!

買い物カゴを見る

フォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

大雨の影響による配達遅延について

西日本を中心とした大雨の影響により、全国各地への商品の配送に遅延が生じております。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申しあげます。

詳しい状況につきましては下記URLよりご確認いただけますよう、お願い致します。

また、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

佐川急便様
http://www2.sagawa-exp.co.jp/information/detail/123/?_ga=2.30215607.920527654.1531104027-1759350774.1531104027

ヤマト運輸様
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/info/info_180706.html

キーワード

書籍 > 暮らしの書
カテゴリから探す > リフォーム・リノベーション > リノベーション
新着商品
新人研修教材
  • NEW

リノベーションの教科書 企画・デザイン・プロジェクト B5変型172頁

発行: 学芸出版社
著者: 小池志保子・宮部浩幸・花田佳明
発売日: 2018年4月
商品コード: 030_0321

販売価格(税込):
3,024
数量:
送料無料

商品概要

◆リフォームブックス先行発売◆

リノベーションを学び、設計やプロジェクトに取り組むための入門教科書。

住宅や学校、商業施設などの建物単体から地域レベルまで、計画手法を事例とともに解説し、調査・設計・現場・運営の実践ポイントも充実。講義テキストとしてはもちろん、学生から実務者まで、初めてリノベに取り組む人の手引きとして最適の1冊。

ISBN: 978-4-7615-2673-3

目次を表示する

目次 目次を閉じる

第1部 リノベーションの考え方

第1章 リノベーションという論理

1・1 「すべてはリノベーション」という発想
1・2 リノベーションという論理の成り立ち
1・3 リノベーションによって獲得される世界

第2章 リノベーションの企画

2・1 使い方から発想する
2・2 建築再生がまちに必要なわけ──事業性からの見立て
2・3 さまざまな用途へのリノベーション
2・4 リノベーションの実現に向けて

第3章 リノベーションのデザイン

3・1 リノベーションと場所
3・2 建物の大きさを変える
3・3 使い方を考える
3・4 素材とディテールで表現する
3・5 時間をデザインする

第2部 再生時代の計画学

第4章 住宅のリノベーション──プランニングと事業性

4・1 住宅のストックが増えた背景と課題
4・2 変わる住宅像
4・3 既存住宅を現代のライフスタイルにフィットさせる
4・4 リノベーションがつくり出す成熟社会の住宅

第5章 住宅団地のリノベーション
──多様なライフスタイルに呼応した住環境づくり

5・1 住宅団地の変遷と課題
5・2 多様なライフスタイルに呼応する実践例
5・3 団地に新しい価値を創る

第6章 長屋・町家のリノベーション
──都市の木造住文化から始めるまちづくり

6・1 木造による建築ストック群
6・2 都市型木造住宅リノベーションの実践例
6・3 都市型木造住宅の魅力を伝える
6・4 長屋・町家の魅力とまちづくり

第7章 古民家のリノベーション──文化的価値への着目とその継承

7・1 古民家の文化的価値
7・2 古民家リノベーションの実践例
7・3 文化的価値の継承に向けて

第8章 学校のリノベーション──学びを通した新たな拠点づくり

8・1 点在する貴重な空間資源としての学校
8・2 学校をリノベーションするときの手がかり
8・3 学校のリノベーションの実践例
8・4 学びを通した新たな拠点づくりを目指して

第9章 産業遺産のリノベーション──特殊な空間への着目とその利用

9・1 産業遺産とは
9・2 産業遺産のリノベーションの実践例
9・3 産業遺産の活用に向けて

第10章 オフィスビルのリノベーション──機能進化か刷新か

10・1 オフィスビルのストックが増えた背景と課題
10・2 大規模オフィスの進化と中小規模オフィスの刷新
10・3 多様化するオフィス改修
10・4 変わるオフィスのあり方

第11章 商業施設のリノベーション──消費の変化と地域拠点化

11・1 商業施設のストックが増えた背景と課題
11・2 建物単体にとどまらない再生
11・3 新たな地域拠点としての再生
11・4 消費の場から地域のコンテンツ創造の場へ

第12章 エリアのリノベーション──多様な実践の重なり

12・1 エリアのリノベーションとは
12・2 都心部のオープンスペース──道路や河川の利活用
12・3 密集市街地の魅力を活かす──取り残された木造住宅の歴史文化的価値の見直し
12・4 工業地の特性を活かす──産業構造の変化に対応
12・5 郊外住宅地の個性を活かす──個別更新によるまちの魅力づくり
12・6 中山間地域における産業創出──多様な活動の連鎖
12・7 主体的活動の重なりとしてのエリア価値の向上

第3部 リノベーションを実践しよう
第13章 リノベーションのための調査

13・1 建物を知ろう
流れをつくろう/実測しよう/野帳に描いてみよう/写真を撮ろう/構造を把握しよう
13・2 エリアを知ろう
まちに出よう/資料を調べてみよう/用途地域を調べてみよう/家賃を調べよう

第14章 リノベーションの計画と設計

14・1 企画を始めよう
まずは使ってみよう/ターゲットを探そう/計画をつくろう
14・2 計画を練りあげよう
検討を重ねよう/図面で考えよう/変えるものと変えないものを考えよう(木造編)/変えるものと 変えないものを考えよう(RC造編)
14・3 プレゼンテーションしてみよう
ダイアグラムを使ってみよう/シートにまとめてみよう/色々な表現に挑戦しよう/計画を共有しよ う

第15章 リノベーションの現場と運営

15・1 現場に出よう
リアルサイズで考えよう/ディテールで考えよう/色や素材を決めよう/DIYをしてみよう
15・2 運営してみよう
再び使ってみよう/建物に関わり続けよう

著者について

小池志保子

1976年兵庫県生まれ。2000年京都工芸繊維大学博士前期課程修了後、中村勇大アトリエ勤務。2002年ウズラボ共同設立。大阪市立大学大学院生活科学研究科准教授、博士(工学)、一級建築士。2006年より大阪長屋の再生に関わり、「豊崎長屋」でグッドデザイン賞サステナブルデザイン賞ほか受賞。2009年SDレビュー入選、2011年ホルシムアワードアジア太平洋地域奨励賞ほか。共著書に『いきている長屋』(OMUP、2013)、『図解ニッポン住宅建築』(学芸出版社、2008)など。(担当:3、6、9、13~15章)

宮部浩幸

1997年東京大学大学院工学系研究科修了。北川原温建築都市研究所、東京大学工学系研究科助手、リスボン工科大学客員研究員を経て、2007年スピークのパートナーとなる。建築作品に「龍宮城アパートメント」「リージア代田テラス」など。共著書に『世界の地方創生』(学芸出版社、2017)。2015年より近畿大学建築学部准教授。博士(工学)、一級建築士。(担当:2、4、10、11章)

花田佳明

1956年生まれ。1980年東京大学工学部建築学科卒業、1982年同大学院修士課程建築学専攻修了。日建設計を経て、1997年神戸芸術工科大学環境デザイン学科助教授、現在同教授。博士(工学)。著書に『植田実の編集現場』(ラトルズ、2005)、『建築家・松村正恒ともうひとつのモダニズム』(鹿島出版会、2011)など。(担当:1、8章)

川北健雄

1959年生まれ。1987年京都工芸繊維大学大学院修士課程修了。1992年コロンビア大学大学院MSAAD課程修了。1993年大阪大学大学院博士後期課程単位取得満期退学。講師、助教授を経て2005年より神戸芸術工科大学教授。博士(工学)、理学修士、一級建築士。共著書に『初めての建築設計 ステップ・バイ・ステップ』(彰国社、2010)、作品に「禅昌寺キオスク」など。(担当:12章)

山之内誠

1969年生まれ。2000年東京大学大学院博士課程修了。博士(工学)。神戸芸術工科大学専任講師、助教授、准教授を経て、2017年より同教授。著書に『太山寺観音堂・羅漢堂保存修理工事報告書』(太山寺、2004)、『三木の町並み』(三木市文化遺産活性化委員会活性化実行委員会、2014)など。(担当:7章)

森一彦

1956年岐阜県生まれ。1982年豊橋技術科学大学大学院建設工学専攻修了。1999年大阪市立大学大学院生活科学研究科助教授、2004年より大阪市立大学大学院生活科学研究科教授。一級建築士、博士(工学)。人間環境学会賞、日本都市住宅学会賞業績賞、大阪市立大学優秀教育賞など受賞。編著書に『エイジング・イン・プレイス 超高齢社会の居住デザイン』(学芸出版社、2009)、『福祉転用による建築・地域のリノベーション』(学芸出版社、2018)ほか。(担当:5章)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。