住宅建築2019年4月 柿沼守利の足音 A4変型136頁

  • 商品数:0
  • 合計:0円
  • 送料無料!

買い物カゴを見る

フォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

キーワード

カテゴリから探す > 設計・デザイン・企画 > 住宅デザイン
カテゴリから探す > 設計・デザイン・企画 > 建築デザイン
雑誌 > 住宅建築
新着商品
定期発行・シリーズを探す > 住宅建築
  • NEW

住宅建築2019年4月 柿沼守利の足音 A4変型136頁

 --- No.474 --- 
発行: 建築資料研究社
編集: 建築思潮研究所
発売日: 2019年2月
商品コード: 014_0428

販売価格(税込):
2,566
数量:
送料無料

商品概要

「住宅建築」は“設計者と施工者、そして建主の三者を繋ぐ”ことを
コンセプトに、同じ想いで住まいづくりに携わる設計者の活動を紹介
し、住まいに関する専門的な情報を提供していきます。

■柿沼守利の足音

故・白井晟一に師事した柿沼守利。品格ある佇まいと、意匠の美しさがその魅力の一つである。30年以上にわたる設計活動のなかから住宅、店舗、旅館の6作品を手描き図面と共に紹介し、師から受け継がれた建築の魅力に迫る。堀部安嗣との対談では、「美」をテーマに、白井建築やそのルーツ、お互いの建築について語りあいます。

ASIN: B07MPK2XNN

目次を表示する

目次 目次を閉じる

【特集】
柿沼守利の足音


海と樹々を美しく取り込む住まい
井上邸
 設計=柿沼守利

暗がりが安息を生む街中の住まい
藤崎K邸
 設計=柿沼守利

深い軒と切妻の屋根がつくる大らかな佇まい
浦の浜の舎
 設計=柿沼守利

現地の職人と共につくり上げた意匠美
Layton House
 設計=柿沼守利

曲線の天井が生み出す安らぎと品格
Phoenix
 設計=柿沼守利

時代を超えて訪う者のこころを癒す宿
洋々閣
 改修設計=柿沼守利

対談 普遍的な美を求めて―白井晟一の建築を再考する
 柿沼守利×堀部安嗣


特別記事
松雲荘 和の伝承と近代への志向
 設計・施工=熊倉工務店

「松雲荘」に暮らして  吉村篤一

熊倉吉太郎と松雲荘  石川祐一


シリーズ
森と人と建築と 第10回 企画・監修=落合俊也
サウナの源泉を探る

森と人をつなぐタイムカプセル  落合俊也

INTERVIEW WITH EDA  Eda Veeroja


連載
INTERIOR -Peaceful Private Gallery- 第5回
THE SLEEVE HOUSE  MIKI TAKASHIMA

アトリエCOSMOSの木造建築 第21回
新潟ワイン醸造村 Part4 意匠編 私の内なる国際様式  白鳥健二


講演会レポート
安藤邦廣「復興と板倉―森里海をつなぎ、地域の暮らしを育む」


書評 藤井厚二 著『床の間』(田中平安堂、1934年)  文=加嶋章博


イベント・ニュース
プロフィール
次号予告

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。