世界で一番やさしい建築実務 キーワードで学ぶ28 B5判239頁

  • 商品数:0
  • 合計:0円
  • 送料無料!

買い物カゴを見る

フォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

キーワード

書籍 > 実務・実用書
カテゴリから探す > ビジネス・営業・入門・用語 > ビジネス・営業
カテゴリから探す > 設計・デザイン・企画 > 計画・企画
定期発行・シリーズを探す > 世界で一番やさしい

世界で一番やさしい建築実務 キーワードで学ぶ28 B5判239頁

発行: エクスナレッジ
著者: 建築知識 編
発売日: 2011年3月
商品コード: 017_01428_1205

販売価格(税込):
3,240
数量:
送料無料

商品概要

調査企画から法規、構造、コスト、木造住宅、S造、RC造、
設備、植栽までを網羅した、仕事に役立つ最高のガイドブック。
設計力、施工力のスキルアップは、この1冊ですべてOKです。

ISBN-10: 4767811384
ISBN-13: 978-4767811383
目次を表示する

目次 目次を閉じる

●1 調査企画
周辺環境を調べる
敷地状況を調べる
敷地境界を調べる
前面道路を調べる
関連法令を調べる
地盤を調べる

●2 法規
建築確認申請と検査
土地利用規制
開発行為
敷地の法規チェック
用途地域
防火地域
建ぺい率
容積率
駐車場・地下・共用廊下
斜線制限
高度地区・絶対高さ
日影規制
天空率
2項目道路・旗竿・袋地
ボリューム・スタディ
建築基準法とは
消防同意
建築士ができる仕事
新築・増築・改築・移転
建築物と工作物
特殊建築物
既存不適格建築物
階数と高さ
地盤面

●3 構造
梁せいはどこまで抑えられるか
スラブはどこまで薄くできるか
階高・階数で柱の太さはどうなる
柱はどこまで減らせるか
スパンはどこまで飛ばせるか
キャンチレバーはどこまで延ばせるか
耐震壁はどこまで減らせるか
耐震壁をコの字形建物にうまく納める
耐震壁に開口はどこまで開けられるか
開口部は縦長と横長のどっちが有利か
耐震スリットは必ず入れるべきか
その雑壁は本当に力を負担していないか
本当は危なくないピロティ
安全にセットバックする方法とは
ここまで来た!免震工法の最前線
いまさら聞けない耐力壁配置のキホン
特殊なプランでも迷わない壁量計算のコツ
ムダな金物を減らすN値計算のポイント
設計意図を反映したプレカットのためのチェックポイント
コラム エキスパンションの設け方

●4 コスト
ホントの坪単価
住宅コストが見える!見積り大図鑑
見積り書の読み方
見積り書の中身
見積りの取り方
木工事で差が出る?!
見積り金額の判断
本体工事費以外も大切

●5 木造住宅
在来軸組構法の成り立ち
枠組壁工法
丸太組工法
木造3階建て
木材の性質
木材の規格・等級
ムク材と集成材
手刻みとプレカット
継ぎ手と仕口
土台と柱

床組
小屋組
接合金物の種類
床・屋根面を固める
外壁下地(通気工法)
外壁下地(ラス下地)
外壁仕上げ材の種類
断熱工法
床下地
壁下地
天井下地
造作材
コラム 小屋裏換気

●6 S造
建物の形状と柱配置
梁配置とスパンの基本
ブレースの配置
柱脚の選び方
柱・梁の継手の選び方
デッキプレートの選び方
コラム S造の遮音構造

●7 RC造
RC造の構造形式
柱・梁の配置
耐震壁の配置
目地と耐震スリット
外断熱・内断熱の選び方
内断熱の設計
外断熱の設計
コラム 外壁のクラックと目地

●8 設備
戸建住宅の設備
集合住宅の設備
現地調査
給水方式の選び方
給湯方式と給湯量
換気の種類と方法
電気の引込み
住宅用火災警報器

●9 植栽
日差しのコントロール
視線のコントロール
防犯に利用する
生垣をつくる
庭を広く見せる
建築を引き立てる

●索引

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。