0
¥0

現在カート内に商品はございません。

エイジング・イン・プレイス 超高齢社会の居住デザイン B5変型160頁

¥3,080 税込
商品コード: 030_0044
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
発行: 学芸出版社
編著: 大阪市立大学大学院生活科学研究科・大和ハウス工業総合技術研究所 
発売日: 2009年9月
商品概要
2020年には65歳以上高齢者が全人口の3割を占める。本書では超高齢社会における「安心といきいき」実現のための居住デザインについて考える。とりわけ高齢者のコアである団塊世代に焦点をあて、「2020年におけるライフスタイルや居住ニーズ」「これから重要となる居住スタイル」「『安心といきいき』の条件」について議論し、「安心といきいき」実現のための「AIPスポットの地域展開」を提案した。 ISBN-10: 4761524707 ISBN-13: 978-4761524708
★目次★
超高齢社会の居住デザインとは はじめに 序章 ── 団塊世代の高齢化と住環境の再構築 コラム1  クリティカル・ステージ 1章 2020年の団塊世代 1-1 団塊世代の住まいとライフスタイル コラム2  高齢期における家族形態の変化 コラム3  地域による高齢期の家族形態の違い 1-2 高齢者の生活を支える地域資源 コラム4  新たな公共 1-3 高齢者の家計の現状と展望 コラム5  リバースモーゲージ 1-4 団塊世代の居住ニーズ コラム6  親と子の距離感~プレ高齢者の住意識調査より 2章 これからの居住スタイル 2-1 住み継ぐための住宅デザイン 居住スタイル01 町屋を住み継ぐ 居住スタイル02 離れに移り、世代交代する 居住スタイル03 二世帯を繋ぐ子ども部屋 居住スタイル04 「小さい」という可能性 コラム7  日本における居住形態と居住水準 2-2 近居における生活ニーズとQOL 居住スタイル05 主人公は娘や孫たち 居住スタイル06 次世代を育て、地域に貢献する家 コラム8  長期優良住宅 2-3 地域施設は在宅を支えられるか 居住スタイル07 「見知らぬ場所」と思わせない空間 居住スタイル08 介護サービスが側にある安心感 コラム9  カナダの高齢者居住:高齢者ビレッジ 2-4 高齢者向け集合住宅 居住スタイル09 会話を生む、共用空間 居住スタイル10 まちの機能を内包するすまい 居住スタイル11 地域に安心と楽しみを与える 居住スタイル12 生活がつながるいえ コラム10  オランダの高齢者居住施策と認証団体 3章 『安心といきいき』の条件 3-1 身体機能の低下と住宅内事故 コラム11  生活機器のユニバーサルデザイン 3-2 生活を支援する住環境 コラム12  介護ロボット・HAL 3-3 介護拠点としての住宅 コラム13  インテリジェンストイレ 3-4 ICTによる環境支援 コラム14  緊急通報システム 3-5 『安心といきいき』の実現フレーム コラム15  高齢者いきいき居住~アイデアコンテスト 4章 『安心といきいき』の居住デザイン 4-1 『安心といきいき』が両立する生活 高齢者の生活モデル01 ふたり生活 高齢者の生活モデル02 ひとり生活 高齢者の生活モデル03 要介護生活 高齢者の生活モデル04 ターミナル生活 4-2 ライフ・マネジメントセンターによるサポート体制 安心といきいきのサポート体制01 医療・看護・介護の三位一体システム 安心といきいきのサポート体制02 見守り・緊急通報システム 安心といきいきのサポート体制03 地域内住み替え促進システム 安心といきいきのサポート体制04 高齢者の社会参加交流システム 4-3 『安心といきいき』の地域展開 AIPスポットの地区デザイン AIPスポット01 空き家活用による共同福祉住宅 AIPスポット02 病院が寄り添う介護医療支援住宅 AIPスポット03 まち機能をもつ交流促進住宅 4-4 資料:将来予測スタディ おわりに 〈高齢者居住2020計画研究会メンバー〉 〈編集後記〉
著者略歴
高齢者居住2020計画研究会メンバー執筆分担 森 一彦(代表)  大阪市立大学大学院生活科学研究科・教授、専門は建築計画/居住福祉環境デザイン、一級建築士、博士(工学)。〔編集/序章、各章トビラ、コラム7、2-4、コラム10、3-5、4-3〕 白澤 政和  大阪市立大学大学院生活科学研究科・教授、専門は社会福祉学 、博士(社会学)。〔はじめに、コラム4〕 竹原 義二  大阪市立大学大学院生活科学研究科・教授、建築家、専門は住居空間設計学。〔2-1〕 岡田 明  大阪市立大学大学院生活科学研究科・教授、専門は人間工学、認定人間工学専門家、医学博士。〔コラム11〕 檜谷 美恵子  京都府立大学大学院生命環境科学研究科・教授、住居学/居住政策論、学術博士。〔1-1〕 佐藤 由美  大阪市立大学都市研究プラザ・特任講師、専門は居住政策/居住福祉計画、技術士、一級建築士。〔1-4〕 上田 博之  大阪市立大学大学院生活科学研究科・准教授、専門は居住福祉工学/住居人類学、博士(学術)〔3-1、3-3〕 三浦 研  大阪市立大学大学院生活科学研究科・准教授、専門は建築計画/空間行動学、博士(工学)。〔2-3、コラム9、4-3〕 岡田 進一  大阪市立大学大学院生活科学研究科・准教授、専門は障害者・高齢者福祉学、D.S.W.(社会福祉学博士)。〔1-2〕 所 道彦  大阪市立大学大学院生活科学研究科・准教授、専門は社会政策学、DPhil in Social Policy and Social Work。〔1-3〕 小池 志保子  大阪市立大学大学院生活科学研究科・助教、専門は建築設計、一級建築士。〔2-1、3-3〕 生田 英輔  大阪市立大学大学院生活科学研究科・助教、専門は都市防災/居住安全福祉工学、一級建築士、博士(学術)。〔3-4、コラム14〕 谷 武  豊橋技術科学大学建設工学系・助教、専門は住宅政策/住宅問題、博士(工学)。〔コラム2、コラム3〕 上田 正太  大阪市立大学大学院生活科学研究科博士後期課程、有料老人ホームエレガーノ甲南、社会福祉士。〔コラム1〕 濱 隆  大和ハウス工業 取締役常務執行役員、総合技術研究所所長、一級建築士。〔おわりに〕 有吉 善則  大和ハウス工業 総合技術研究所所長代行、一級建築士。 吉村 守  大和ハウス工業 総合技術研究所副所長、産学連携推進室室長。 小池 昭啓  大和ハウス工業 総合技術研究所、産学連携推進室主任研究員。〔コラム6、4-1、4-2〕 田中 紀之  大和ハウス工業 総合技術研究所、ライフサポート研究グループ、福祉住環境コーディネーター一級。〔コラム5、コラム8、3-2、コラム12、コラム13、4-4〕 折目 貴司  大和ハウス工業 総合技術研究所、生活ソフト研究室主任研究員、一級建築士。〔コラム15〕 横江 麻実  大和ハウス工業 総合技術研究所、生活ソフト研究室研究員、一級建築士。〔2-2〕

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧

ページトップへ