0
¥0

現在カート内に商品はございません。

CONFORT(コンフォルト)2017年6月号 学ぶ場、育つ場 A4変型144頁

¥1,885 税込
商品コード: 014_0309
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
 --- No.156 --- 
発行: 建築資料研究社
編集: コンフォルト編集部
発売日: 2017年5月
商品概要

特集:学ぶ場、育つ場

子どもの行動や思考は、広い意味での環境に大きく影響されます。建築やインテリアも、その大きな構成要因です。空間や家具も、育児や教育の理想や理念を共にすくるものである、という考え方が広まってきました。 今号では、子どものための空間や家具やプロダクトを設計する際、参考になるような多くの先駆的な事例や取り組みをご紹介します。
★目 次★

特集 学ぶ場、育つ場

自然の原理に即した、科学を学ぶアフタースクール 知立の寺子屋(愛知県知立市) 設計 原田真宏+原田麻魚/マウントフジアーキテクツスタジオ 子どもの居場所、子どもの目線 2つの設計事務所の手法 象設計集団/富田玲子、関 郁代 子どもが選べる多様な居場所 日比野設計+幼児の城/日比野拓 子どもの目線でつくる楽しい園舎 子どもも先生も、地域の人びとも、生き生きと学ぶ、遊ぶ、集う 流山市立おおたかの森小学校・中学校/ 流山市おおたかの森センター/ 流山市立おおたかの森こども図書館(千葉県流山市) 設計 小嶋一浩+赤松佳珠子/CAt 空間と人をつなぐインターフェイス 藤森泰司が考える、子どものための家具 宮城学院女子大学付属 森のこども園(宮城県仙台市) 設計 伊東豊雄建築設計事務所 家具デザイン 藤森泰司アトリエ column 暮らしと自然のつながりを学ぶ〈食育〉 自然農法で野菜を育て、収穫し、料理し、食べる。 自然の連鎖を学び、生きる力を身につける。 エディブル・スクールヤード・ジャパンの学校菜園 TORAFU for KIDS トラフ建築設計事務所の余白のあるデザイン 鈴野浩一/トラフ建築設計事務所 自立を促す・可能性を引き出す 子どものための家具と道具 子どもの行動には道理がある。それを大人が“観察” することが大切。 「吉祥寺こどもの家」園長・百枝義雄さんインタビュー 「吉祥寺こどもの家」に見る家具・道具の基本 腰かける・台にする/しまう、場をつくる/手を動かす、認識する column 暮らしと自然のつながりを学ぶ〈木育〉 空間の木質化が、子どももおとなも山も町も元気にする。 内田洋行/パワープレイスが取り組む木育空間 子どもの空間を健やかにする内装材・設備カタログ 内装材:ペイント/クロス/タイル/建具・間仕切り/壁装パネル/フローリング/リノリウム・ビニル・陶 設備::冷暖房システム/温度データロガー/電極式蒸気加湿器 インド特別取材 織物も建物も、すべては手から。 ガンガ・マキ・テキスタイルスタジオ(北インド) 設計 スタジオ・ムンバイ 土地も木も建物も、手で触り、ケアすることで力をもつ ビジョイ・ジェイン(スタジオ・ムンバイ主宰)インタビュー 「楽園の美学またはインド的錬金術 (アーユルヴェーダ・コスモロジー) 武田好史 連載 INAX ライブミュージアム10周年特別展「つくるガウディ」 VOL.4 「完成! 常滑ガウディ」 土とやきものタイルが共鳴する場 建築家 日置拓人+タイル職人 白石 普+左官職人 久住有生 実測野帳は語る たてものとの対話と旅 第11回 文・絵・写真 渡邉義孝 ト ラスの森にサヨナラ 広島県尾道市 JR尾道駅舎 いま気になる、素材と技術の現場へ行く! 芦沢啓治のゴー・ゴー・マテリアル 第12回 アサヒメッキのステンレス発色(鳥取県鳥取市) 先生と学生たちは、いまこんなことを考えている 第20回 ケンチク学ビバ 千葉大学大学院 工学研究院 建築学コース 助教 伊藤潤一 ほか
RECOMMEND ITEMS お勧め商品

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧

ページトップへ