0
¥0

現在カート内に商品はございません。

CONFORT(コンフォルト)2017年8月号 石の野性 A4変型144頁

¥1,885 税込
商品コード: 014_0318
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
 --- No.157 --- 
発行: 建築資料研究社
編集: コンフォルト編集部
発売日: 2017年7月
商品概要

特集:石の野性-自然と庭と人をつなぐ

宇宙から降ってきた隕石を除けば地球上に存在するモノはすべて、地球の自然から生まれたものだ。しかし、人間が利用しやすいように手を加えれば加えるほど、モノは「人工」に近くなり、「自然」から遠くなる。 自分の近くに身の回りに人工物が多くなると、今度は自然が恋しくなる。 石は、万物の源である。 大地や山ができた頃の、とんでもない太古の記憶を内に宿している。 人の手でつくり出すことはもちろん、人の時間では育てることもできない。 石を身のまわりに置いて、石を愛で、石を意識する。 さあ、何が感じられるだろうか。
★目 次★

特集 石の野性-自然と庭と人をつなぐ

自然が主、人間が従。 伊達冠石の採石場・大蔵山スタジオを訪ねて(宮城県丸森町) Columns 石と人のあいだ 1. 磐イワ座ク ラ─永遠の場所  文・写真 植島啓司(宗教人類学者) 2. 石の体温を伝える  文・写真 徳井正樹(建築家) 3. 淡路・阿万地区の「石積み塀」  文・写真 宮本孝二郎(町づくりコーディネーター) 和泉正敏インタビュー 石の声を聞く 香川県牟礼町 「今はねえ、できるだけ石の近くにいたいと思います」 米蔵(1988 年)/イズミ家(1972 年)  3人の石の庭 造園家の手法 #1. 長崎剛志/ N-tree  石の山、石の舟、石の道、石の鏡 #2. 島崎崇/ GROUND 石や水や植物で気持ちをかたちにする #3. 木村隆/京都・北嵯峨 きむら造園 石に力を借りて。自らの眼を信じて お茶の道具組みのように、石にも遊びを 内田一/石源 保存版 庭石の小事典 監修/髙﨑康隆 石の基礎知識─石の表情を読み、物語をつくる  Ⅰ 石を見る  Ⅱ 石を組む  Ⅲ 景色をつくる  Ⅳ 石の鉱物的分類 日本全国の石 石材取扱い会社リスト 自然を自己回復させる、 環境の整体師 高田宏臣/高田造園設計事務所 マクロとミクロの視点で、自然の理ことわりを知る。 健全な自然の姿を取り戻すには?  case1 野草舎 森の家(茨城県鹿嶋市)  case2 地球守 ダーチャプロジェクト(千葉県千葉市) ブラシュカ父子のガラスの花 ハーバード自然史博物館 ウェア・コレクション 文 佐々木類 内外をつなぎ心地よい空間をつくる エクステリア製品カタログ テラス・デッキ/庭用水栓/ オーニング・パラソル/玄関まわり 連載 この星の暮らしかた Vol.6 築数百年の建物が変わらぬ用途で 使われ続けるその場所で おてらおやつクラブ 松島靖朗さん(安養寺) 文 中野 純 実測野帳は語る たてものとの対話と旅 第12回 文・絵・写真 渡邉義孝 石に刻まれた記憶と技術 アゼルバイジャンの墓廟 先生と学生たちは、いまこんなことを考えている 第21 回 ケンチク学ビバ 昭和女子大学 生活科学部 環境デザイン学科 教授 杉浦久子 FOCUS 空間をコントロールする木製建具の手法 GOODS & SPACE 田中一光の作品をモチーフにした照明、Sumiko Hondaの新作ファブリッ ク、能作の新社屋、富山県高岡にオープン など新しい製品とスペース REVIEW AND REPORT Localization ヤマナシ ハタオリ産地バスツアー Person アーキビスト柳本浩市という宇宙 Asia 「ADP」の展覧会、バンコクで開催 Heritage 親和銀行大波止支店、DOCOMOMO Japan選定建築物に Identity ZOOM写真展 Books 『すまい再発見─世界と日本の珠玉の住宅 76』住総研編  バックナンバーと定期購読のご案内 読者プレゼント コンフォルトWEBサイトのご紹介
RECOMMEND ITEMS お勧め商品

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧

ページトップへ