0
¥0

現在カート内に商品はございません。

建築知識 2020年7月号 建築と背景画の3DCG最新技術 B5判114頁

  • NEW
¥1,720 税込
商品コード: 017_0892
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
発行: エクスナレッジ
発売日: 2020年6月
商品概要

【特集】建築と背景画の3DCG最新技術

設計者にとって、建物の魅力を依頼主に伝えるための提案力は必要不可欠! そんな提案の場で、3DCGを活用する人たちが増えてきています。 3DCGを活用できれば、頭の中にあるイメージをより分かりやすく、より印象的に依頼主に伝えることができます。 とはいえ、3DCGに興味があっても「ハードルが高い……」と感じている方も多いのではないでしょうか。 そこで、初心者でも分かりやすい3DCGの最新技術を大特集!! 3DCGはもちろん、手描きイラストにも大活躍するテクニックが満載です。 今回も、豪華執筆陣が勢ぞろい! ビジュアライゼーション専門家集団・日建設計CGスタジオ、新進気鋭のCGworksなど、CGパースの専門家たちが見る人を惹きつける画づくりのコツを伝授します。 実は3DCGが活用されていた「銀座線渋谷駅の移設工事」の舞台裏も紹介。 『リビルドワールド』『うたわれるもの』など背景・コンセプトアーティストとして知られるわいっしゅ氏、『えんとつ町のプペル』でメインイラストレーターを務めた六七質氏、国内最大手のデジタルアニメーションスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズからは『Levius レビウス』『亜人』『ロッキー×ホッパー』が登場。 テクニカルジャーナリスト西川善司氏による『ストリートファイターV』、『人喰いの大鷲トリコ』の解説も! 建築、土木、イラスト、漫画、アニメーション、ゲーム--- 各界のスペシャリスト達が、3DCGならではの一歩踏み込んだ表現手法をご紹介します。 3DCGの基本はもちろん、リアリティに欠けた「いかにも3DCGっぽい絵」から脱するレベルアップのための技術、3DCGを生かした絵を素早く描き込むワザなど、3DCGを使いこなすためのノウハウをぎゅっと詰め込みました。 さらに、駅や学校、オフィス、コンビニなど、背景制作のために知っておきたい建物・家具の寸法や名称などを押さえた、資料集成も掲載。 スケール感覚をつかめば、説得力のある画面をつくれます! 「どうすれば魅力的に伝わる表現ができるのか……」と悩んでいる方、必読の1冊です!

ISBN: 4910034290703

★目次★

1章 3DCGの基本・概要

3DCG制作に不可欠なカメラの知識やマテリアル、ライティング、レタッチなどの基本の考え方/各業界の現場紹介

2章 印象的に魅せる仕上げ

広がりのある空間に見せたい、住み心地を掴ませたい、見る人をワクワクさせたい---「こう見せたい!」を叶える3DCG制作の実例と解説

3章 レベルアップのメソッド

3DCGっぽさをなくすためのワザ、3DCGの強みを生かすテクニック、知っておくべき建築のルールなど、絵づくりをさらにもう一歩レベルアップさせるためのノウハウ

4章 3DCG活用 時短テクニック

手間もお金もかけずに!? 3DCGをお仕事に生かす方法や知っておけば絵づくりがラクになる技術、ソフトウェアなどの紹介

5章 寸法・モジュール

地に足のついた絵づくりには、スケール感覚が必要不可欠! 学校/体育館/駅/電車/オフィス/医療施設/道路/公園/コンビニエンスストア/教会

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧

ページトップへ