0
¥0

現在カート内に商品はございません。

住宅建築2021年2月 交錯する大地と住まい A4判140頁

  • NEW
¥2,640 税込
商品コード: 014_0486
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
 --- No.485 --- 
発行: 建築資料研究社
編集: 建築思潮研究所
発売日: 2020年12月
商品概要
「住宅建築」は“設計者と施工者、そして建主の三者を繋ぐ”ことをコンセプトに、同じ想いで住まいづくりに携わる設計者の活動を紹介し、住まいに関する専門的な情報を提供していきます。

■交錯する大地と住まい

コロナ禍や⼈⼝減少の時代を迎え、地⽅移住への関心が高まっている。

どこで暮らすか、どんな暮らしをしたいかを改めて考えるなかで、ゆったりとした環境でのびのびと暮らすことができる住まいが⾒直されるようになってきた。

今回の特集では、「交錯する大地と住まい」と題して、平屋を中心とした9軒の住まいを紹介する。低く落ち着きある佇まいは周囲の環境に馴染み、⼈と庭、人と人の関係を近づける。そうした住まいは、長い年月を経てその土地の風景となる。

ASIN: B08PJKJCFX

★目 次★

【特集】交錯する大地と住まい

木と石、コンクリートが創り出すのびやかな平屋
船橋 梨園の家  設計=井上洋介建築研究所

既存の蔵と庭を活かし、歴史ある街並みに溶け込む住まい
高梁の家  設計=バウスムスタイルアーキテクト/藤原昌彦

光と風をとり込む二段屋根の住まい
青谷の家  設計=L.V.M計画一級建築士事務所/井上昌彦

庭と緩やかに繋がる アトリエのある住まい
町保の家  設計=前原香介建築設計事務所

大きな月見台が内外を結ぶ
ピアノ教室がある家  設計=奥野崇建築設計事務所

緑の丘に建つギャラリーのある住まい
七井の家  設計=田中敏溥建築設計事務所

千曲川の桜並木をとり込む
佐久穂の家  設計=田中敏溥建築設計事務所

二世代の庭を住まいが繋ぐ
奈古谷の家  設計=堀部安嗣建築設計事務所

木立の中に佇む六角屋根の住まい
避暑地の家  設計=堀部安嗣建築設計事務所

連載

小さな町の可能性 第2回
―流域に生きる  全体監修=かめ設計室

早川町100年の挑戦  文・スケッチ=鞍打大輔


川との豊かな関わりを次世代に  文=大窪毅


INTERIOR

- Brownstone with Modern Updates - 第15回

JORDAN & BARRY  MIKI TAKASHIMA


手描き図面に込めた想い 第1回

吉阪隆正とU研究室の住宅 その1

ヴィラ・クゥクゥ  監修=齊藤祐子(SITE)


手の痕跡を刻むコンクリート 文=齊藤祐子


書評 落合俊也 著

『すべては森から―住まいとウェルビーイングの新・基準』(建築資料研究社、2020年)

  評者=堀部安嗣


イベント・ニュース

プロフィール

次号予告

RECOMMEND ITEMS お勧め商品

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧

ページトップへ