0
¥0

現在カート内に商品はございません。

住空間計画学 B5変型192頁

  • NEW
¥3,080 税込
商品コード: 030_0394
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
発行: 学芸出版社
著者: 藤本 和男・辻 壽一・細田 みぎわ・山内 靖朗・松尾 兆郎・種村 俊昭
発売日: 2020年12月
内容紹介

住空間の計画・設計を多数の図・写真で学ぶ
設計手法・計画コンセプトを読み解く

住空間の計画・設計を学ぶための入門教科書。住空間の成立から構成手法、計画プロセス、設計手法を、多くの写真・図面で解説する。現代建築家の作品など数多くの事例を盛り込み、テーマごとに見開きでわかりやすく構成。集合住宅やインテリア、エクステリア、リノベーション、ストック活用まで国内外の住空間を幅広く紹介。

ISBN: 978-4-7615-2758-7

★目 次★

Ⅰ部 住空間の多様性

Ⅰ-1 風土と住空間

1 バナキュラーな住空間
2 環境と住空間

Ⅰ-2 住空間の成立

1 西洋における住空間の展開
2 日本における住空間の展開


Ⅱ部 住空間の計画

Ⅱ-1 寸法と規模の計画

1 単位・寸法とは
2 単位・寸法の計画
3 人と空間

Ⅱ-2 住空間の構成

1 計画のプロセス
2 住空間の計画
3 計画の進め方
4 L・D・Kのタイプ
5 形の発想
6 生活の発想
7 自然とプライバシーと居住環境

Ⅱ-3 住空間構成手法

1 フランク・ロイド・ライト
2 ル・コルビュジェ
3 ミース・ファン・デル・ローエ
4 ルイス・カーン
5 安藤忠雄
6 ポストモダン以降
7 かたちの造形手法

Ⅱ-4 各室の計画

1 パブリックスペース
2 プライベートスペース

Ⅱ-5 現代建築家の住空間

1 環境
2 ライフスタイル
3 プラン
4 構造

Ⅱ-6 インテリアとエクステリア

1 インテリアデザイン
2 エクステリアデザイン


Ⅲ部 住空間の集合

1 集合住宅の分類と計画要件
2 集合住宅の計画プロセス
3 集まって住む様々な試み


Ⅳ部 ストック活用と住空間

1 日本の住宅ストックの現状と課題
2 日本の住宅リノベーション
3 海外における集合住宅リノベーション
4 仮設住宅
著者紹介

藤本 和男

安田女子家政学部生活デザイン学科教授

辻 壽一

大阪樟蔭女子大学名誉教授、都市創造研究所、アーキテクツ・デザイン主宰

細田 みぎわ

広島女学院大学人間生活学部生活デザイン学科教授、Migiwa Hosoda Archi-Studio主宰

山内 靖朗

大阪芸術大学建築学科准教授、藤の家建築設計事務所主宰

松尾 兆郎

穴吹デザイン専門学校講師、松尾よしろう建築設計事務所/MAZ-O design-atelier代表

種村 俊昭

京都美術工芸大学工芸学部建築学科特任教授
RECOMMEND ITEMS お勧め商品

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧

ページトップへ