0
¥0

現在カート内に商品はございません。

納まりの基本ルール100 最新版 B5判208頁

  • NEW
¥3,080 税込
商品コード: 017_0937
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
発行: エクスナレッジ
著者: 山崎健一
発売日: 2021年1月
内容・概要

美しく、かつ機能性の高い建物には 考え抜かれた「ディテール=納まり」が必要不可欠である!

ディテール=納まりとは、建物の材料や部材同士が出会う部分を指します。
さほど重要ではない場所と思われがちなところかもしれませんが、建物の必要な機能や性能を満たしたり、また空間の見え方や感じ方、使い勝手を最適なものとするためには、決して見過ごせない大切なポイントとなります。
本書では、納まりを設計するにあたって知っておきたい基本的な納まりの考え方や役割、材料、音や水・熱などの住環境や性能のことなどを豊富な図面や写真とともに解説。
また、上手く納めるためには欠かせない施工現場のこと、納まりの図面の描き方や習得の仕方、有名建築家たちの納まりに関する考え方の解説など、応用編もボリュームたっぷりに解説していきます。
「ディテール=納まり」のいろはの「い」から学びたい方、改めて納まりの図面の描き方や考え方を知りたい方、必読の「納まり」入門書です。

ISBN: 9784767828527

★目 次★
CHAPTER01 ディテールとは

CHAPTER02 さまざまな出会いのかたち

CHAPTER03 扱う材料を知る

CHAPTER04 環境を知る

CHAPTER05 納まりの意味を知る

CHAPTER06 施工現場を知る

CHAPTER07 どうやって覚えるか

CHAPTER08 ディテール実践編


★著者略歴★

山崎健一(やまさき・けんいち)

1941 年新潟県生まれ。1966 年工学院大学建築学科卒業。
中央工学校建築設計科講師を経て、1969 年宮脇檀建築研究室入室。1998 年宮脇檀氏の逝去に伴い、宮脇檀建築研究室代表に就任。2000 年山崎・榎本建築研究室開設、代表に就任。2008 年山崎建築研究室開設。
高度ポリテクセンター建設・造形系講師、日本木造住宅産業協会研修講師、住宅生産団体連合会セミナー講師などを歴任。著書に『宮脇檀の間取り大図鑑』、『宮脇檀の住宅設計』(いずれもエクスナレッジ)、『良質な低コストの住宅傑作選(別冊家庭画報)』、『間取りがよい小住宅を作りたい(別冊家庭画報)』、『住みやすい小住宅傑作選I(別冊家庭画報)』、『欲しい木の家具550 点(別冊家庭画報)』(いずれも世界文化社)、『料理を楽しむ厨房づくり』(彰国社) など。

RECOMMEND ITEMS お勧め商品

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧

ページトップへ