0
¥0

現在カート内に商品はございません。

だれでもできる 超簡単 建築パース 改訂版 B5判136頁

  • NEW
¥1,980 税込
商品コード: 017_0969
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
発行: エクスナレッジ
著者: 村山隆司
発売日: 2021年8月
商品概要

魅せるパースを簡単に描きたい!

誰でもできる「超簡単」なパースの描き方の教科書です。
より簡単にわかりやすく、パースの起こし方の理解を深めるために
グリッドの起こし方、遠近法を使用した描き方「足線法」の解説を加えました。

平面図や立面図は描けるようになっても
どうしてもパースがうまく描けないと悩んでいる人がたくさんいます。
パースを描くにはめんどうな線のやりとりがあって、
それが挫折の原因となっています。
本書では、そんな人たちのために最小限の線と点のやりとりで
パースが描ける方法を解説しています。
スケッチをするときには、風景の枠を切り取って描くことができます。
この写し取ってスケッチを描く手法を応用することで
簡単にパースが描けると考えたのが、本書です。
画面(図面)とパースを写す紙上に正方形のグリッドを描いておくことで、
点を取る作業を簡単にしています。
この方法を使えば、簡単にどんな形状のものでも
立体的に表現することができるようになります。

ISBN: 9784767829012

▼ 目 次  (クリックで表示)
1 遠近法の話(遠近法とは;図法とは ほか)

2 簡単パースの話(正方形と対角線;足線法とD点法でパースグリッドを描く ほか)

3 パースを彩る話(陰影を付ける;人物を描く ほか)

4 投影図の話(正投影法・等角投影図法;斜投影法・ミリタリ図法)


【著 者】
村山隆司(むらやまりゅうじ)
1952年京都生まれ。1982年工学院大学大学院建築学科修士課程修了。
山下司建築研究所、中山繁信設計室(TESS計画研究所に名称変更)を経て、1996年に村山隆司アトリエを設立。
日本建築家協会会員登録建築家、建築家住宅の会会員、日本建築学会会員、東京建築士会会員ヘリテージマネージャー、伝統木構造の会会員理事、文化学院非常勤講師(1992~2001)、東京YMCAデザイン研究所非常勤講師(1992~2002)、工学院大学非常勤講師(2005~現職)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

カテゴリ一覧

ページトップへ