0
¥0

現在カート内に商品はございません。

図解 風の力で住まいを快適にする仕組み B5判164頁

  • NEW
¥2,420 税込
商品コード: 017_0972
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
発行: エクスナレッジ 
著者: 野中俊宏,森上伸也 , 四阿克彦,並木秀浩
発売日: 2021年9月
商品概要

これまでの間違った通風計画を正す!

家のなかに入った風は多くの設計者が思い描く矢印どおりには流れません。
本書は実証実験をして得た「風の本当の姿」をすべて公開しております。
風の仕組みを知れば、厳冬期、猛暑期を除けば、エアコンに頼らずとも
窓の位置・開け方の工夫で快適に過ごせるのです。

執筆陣は、環境工学の専門家と、「風」を活用した「パッシブデザイン住宅」を手掛けてきた住宅設計者です。
そんな「風」のエキスパートたちが、実験を通じて検証した風の本当の姿、
通風設計の基礎知識について分かりやすく解説します。

家のなかに常に新鮮な外気が入りますので新型コロナ感染症対策にも有効です。
設計者はもちろん、快適な住まいに興味のある方にも
お役に立てる内容になっております。

ISBN: 9784767828299

▼ 章構成 (クリックで表示)
1章 仕組み/ Theory
 見えない通風の仕組みを知って設計に活かそう!
2章 事実/ Fact
 住まいの風の本当の姿が見えてきた!
3章 根拠/ Evidence
 住まいの風と快適な温熱空間を科学する
4章 設計/ Design & Case Study
 心地よい風のパッシブデザイン住宅のつくり方
【著 者】

野中俊宏(のなか・としひろ)

株式会社砂川建築環境研究所 Senior Fellow。1973年生まれ。博士(工学)。1998年日本大学大学院理工学研究科建築学専攻博士前期課程を修了、同年トステム株式会社(現・株式会社LIXIL)に入社。2008年東京理科大学大学院工学研究科建築学専攻博士後期課程単位取得退学、2020年より現職。

森上伸也(もりかみ・しんや)

豊田工業高等専門学校 准教授。1986年神奈川県生まれ。2009年東京工芸大学建築学科を卒業。2014年東京工芸大学大学院建築学・風工学専攻で博士号(工学)を取得。同年豊田工業高等専門学校助教に就任。2019年から翌年にかけてオーストラリアのシドニー大学で客員研究員として活動。「自然通風の心地よさ」や「冬期のヒートショック対策」に関する研究を行っている。

四阿克彦(しあ・かつひこ)

株式会社LIXIL住宅研究所 キッズデザイン研究所 シニアアドバイザー、一級建築士。 1958年東京都生まれ。1982年日本大学工学部建築学科を卒業。ミサワホーム株式会社を経て1997年トステム株式会社(現・LIXIL株式会社)に入社。2019年より現職。

並木秀浩(なみき・ひでひろ)

株式会社ア・シード建築設計主宰、日本大学非常勤講師(2014年~)一級建築士、一級建築施工監理技士1960年東京都生まれ。1983年日本大学生産工学部建築工学科を卒業。1993年株式会社ア・シード建築設計を設立。風のパッシブデザインを活かした設計に長年にわたり携わる。

カテゴリ一覧

ページトップへ