0
¥0

現在カート内に商品はございません。

心地よいバリアフリー住宅をデザインする方法 B5判177頁

¥3,300 税込
商品コード: 017_07501_1210
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
発行: エクスナレッジ
著書: 坂本啓治
発売日: 2012年5月
商品概要
設計のポイントを[部屋別・疾患別]に徹底解説! 高齢者・障害者の疾病と症状による動作、空間別・身体状況別の バリアフリー設計の手法、そのほか実例・関連法規などを網羅。 ISBN-10: 4767812593 ISBN-13: 978-4767812595
★目 次★
1.バリアフリー設計を始める前の基礎知識 ○バリアフリー設計を始める前に ○基本動作と身体のしくみ ○高齢者・障害者等の疾病による障害や症状 ○車いすの種類とその特性 2.移動空間のバリアフリー設計 ○アプローチのバリアフリー設計 ○玄関のバリアフリー設計 ○バリアフリー設計と同時に考える床下の湿気と腐敗防止について ○廊下のバリアフリー設計 ○階段のバリアフリー設計 3.水廻り空間のバリアフリー設計 ○水廻り空間のバリアフリー設計のポイント ○身体状況に応じたトイレのバリアフリー設計 ○トイレの快適な温熱環境と将来への対応 ○洗面脱衣室のバリアフリー設計 ○バリアフリー浴室の手摺・仕上げ・水仕舞の設計 ○介助が必要な方のための浴室バリアフリー設計 4.くつろぎ空間のバリアフリー設計 ○くつろぎ空間のバリアフリー設計のポイント ○台所のバリアフリー設計 ○今のバリアフリー設計と家具・建具 ○今のバリアフリーに適した床材 ○寝室のバリアフリー設計 ○寝室での畳の利用と収納/庭のバリアフリー設計 5.疾病別バリアフリー住宅改修事例 ○対象者や介助者の状況、住宅の状況の違いにより異なる  バリアフリー設計による住宅改修のポイント ○脳血管障害 段階を踏んできた住宅改修 ○脳血管障害 1人暮らしを続けるための住宅改修 ○パーキンソン病 軽い認知症を併発された方の住宅改修 ○糖尿病 老々介護を快適に送るための住宅改修 ○関節リウマチ 痛みを和らげて動作できる住宅改修 ○脊髄損傷 脊髄損傷の方のための離れの増築 ○筋ジストロフィー 自立して使えるサニタリーのある住宅改修 ○薬物による脳性麻痺 いざり移動で使いやすいキッチン ○高齢者 高齢者との同居予定で建てた住宅 6.バリアフリー関連制度・法規と実務 ○介護保険制度と建築士の役割 ○現場での指示の仕方とチェックポイント ○バリアフリー設計のための建築関連法規

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧

ページトップへ