消費者向け販促ツールの使い方と対象顧客

  • 商品数:0
  • 合計:0円
  • 送料無料!

買い物カゴを見る

フォームでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

消費者向け販促ツールの使い方


■活用メリット

(1)新聞社という公的イメージの活用

報道機関として、第三者の立場で客観的な情報を提供しております。
売り込みとは違う情報で、消費者に安心感を与えることができます。

● 消費者に与える情報の信頼性
● 売り込み色を消した販促が可能
● 内容の責任は新聞社にリスクヘッジ


(2)分かりやすいイラストと短い解説文

出版事業のノウハウをいかし建築業界特有の専門用語を使わず、
イラストを中心に分かりやすく、ポイントを紹介しています。
また、解説文は短く、消費者が読みやすいよう配慮して制作しています。

● イラスト中心で文章は短く
● 部位別とテーマ別にラインナップ
● 最終ページに社版スペースがあります


(3)手間とコストを大幅削減

自社での販促ツール作成は、非常に手間とコストを要します。
必要な時に必要な部数だけ購入することができ、手間とコストを大幅に削減することができます。

● 購入部数は10冊から可能
● 1冊単価30円からラインナップ
● イベントなど必要な時に必要な数だけ

小冊子で顧客の不安を解消!

住宅リフォーム市場は、以前から成長マーケットと注目を集めてきました。
しかし、消費者がリフォームを実施するには数多くの障害があり、
これが原因で市場の成長を阻害してきたといえます。

リフォーム産業新聞社では、多数の消費者向け小冊子を発行しています。
顧客のニーズによって抱える不安は異なり、それに応じた情報提供が必要と考えているからです。

リフォーム事業者の方と一緒に、この不安や問題を解消することができれば、
事業者の方にとって大きな利益をもたらすと確信しております。

戻る