0
¥0

現在カート内に商品はございません。

賃貸住宅市場データブック2020-2021 A4判124頁(書籍のみ)

¥15,000 税込
商品コード: 046_0001
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
取材・編集: 全国賃貸住宅新聞社
発行日: 2020年10月
商品概要

賃貸住宅マーケットの今がわかる一冊

賃貸住宅ビジネスに関わる、管理会社、仲介会社、オーナー向けのデータ集。賃貸住宅市場規模、賃貸管理の実態。高齢者、外国人、シェアハウス市場、家主の実態、入居者動向など賃貸住宅マーケットの実状がわかるデータが満載。
▼ 目 次 (クリックで表示)

第1章 市場動向

■民間賃貸住宅の有償管理委託は52.4%
民間賃貸住宅の有償管理状況 管理委託物件のサブリース
■民間賃貸住宅は45年間で2倍に増加
(1)賃貸住宅の数(賃貸住宅の種類別)
■戸建て賃貸は20年で床面積が14㎡拡大
(2)賃貸住宅着工建て方別戸当り平均床面積の推移(20年分)
■賃貸住宅の着工はファンドバブルに沸いた2006年から32%減
(1)住宅の着工数の推移(20年分)
■2014年機に木造の着工数が鉄筋コンクリート造を上回る
(2)新設の賃貸住宅の内訳推移
■2019年度賃貸住宅着工は3年連続減少。20年度も減少へ
2019年度に着工した賃貸住宅の内訳(建て方・構造・総戸数)
■賃貸住宅の空き家は432万戸。空き家全体の51%占める
(1)空き家数(平成30年内訳)
■5年前と比べて空き家の増加数は鈍化
(2)賃貸住宅の空き家数の推移
■賃貸住宅の空き家がもっとも多いのは東京都で67万1100戸
(3)都道府県別賃貸住宅空き家戸数
■2020年上半期の30㎡以下物件、首都圏4月に家賃落ち込む
募集賃料推移(主要都市8都市・2020上半期・アパート・マンション)
■宅建業者数は全国で12万3035事業者
2019年度版 宅建業者登録数(都道府県別)
■管理事業者の登録数は全国で4600社超。2021年には義務化
賃貸住宅管理事業者登録数(都道府県別・2020年7月時点)
■市場が広がる家賃債務保証
家賃債務保証の仕組み
■家賃債務保証会社は独立系、信販系、管理会社系の3タイプ
家賃債務保証会社一覧
■賃貸住宅に住む高齢者は400万超世帯
(1)高齢者入居者数(過去調査6回分)単身者、2人住まい、家族同居
■住宅確保要配慮者向け賃貸の登録数は約6万2000戸
(2)セーフティネット住宅登録数(都道府県別)
■サービス付き高齢者向け住宅は25万戸
(1)サービス付き高齢者向け住宅登録状況推移
(2)サービス付き高齢者向け住宅登録状況都道府県別
■届け出住宅数20万戸突破の民泊市場。コロナ禍で廃業増加
(1)民泊登録数(推移) (2)都道府県別住宅宿泊事業者登録数
■在留外国人293万人。5年で70万人増加
(1)在留外国人数の推移 (2)在留外国人のトップ10(2019年12月) (3)留学生の推移
■戸建てと社員寮からのリノベーションが主流のシェアハウス市場
(1)シェアハウス運用前の建物用途 (2)外国籍入居者の比率 (3)入居者の年代
■不動産証券化市場の不動産種別は時代を色濃く反映
不動産種別割合の推移

第2章 家主の実態

■不動産所得の申告者数は330万人前後で推移
(1)不動産所得者数(主たるもの、従たるもの)推移 
(2)平成30年不動産所得者の主たるものと従たるものの比率
■地方銀行のアパートローン残高はスルガ問題経てもなお好調
(1)アパートローン残高3年分(都市銀、地銀、第二地銀)
■1棟建物に対する銀行の融資額が減少傾向
(2)融資姿勢の変化
■土地資産は1227兆円で全体資産の約3割
日本の土地総額
■生産緑地は10年で約2000ヘクタール減少
(1)生産緑地の総面積 (2)生産緑地の総面積推移(全国) (3)生産緑地エリア別面積(地方別、17都府県)
■相続税の制度改正により課税対象者が倍増
(1)相続税申告者数 10年分推移 (2)平均相続税申告額 10年分推移
■遺産分割を巡るトラブル件数は20年で1.5倍
(1)公正証書遺言の作成件数 10年分推移 (2)遺産分割争い 20年分推移
■「相続税法改正」を理解して争続回避

第3章 入居者動向

■単身者、ファミリー共に人気設備トップは「インターネット無料」
(1)2019年入居者に人気の設備ランキング(家賃が上がる、絶対条件)
(2)入居者に人気の設備ランキング過去10年分
■25〜29歳の借家比率70%に上昇
(1)世帯主年齢別借家比率 過去5回分推移 (2)借家比率の推移 (2)年収別借家率
■賃貸派19.5%。ローン返済不安と天災リスクの回避が理由
(1)持ち家派?賃貸派? (2)賃貸派の理由
■部屋を借りる際のポイントは「家賃」「交通利便性」「周辺環境」
(1)賃貸を借りる際のポイント (2)問い合わせた物件数 過去4年分
(3)訪問した不動産会社数 過去4年分
■問い合わせから契約時までの期間が長期化の傾向
(1)問い合わせから契約までの期間 過去4年分 (2)物件情報で重要だと思う情報
■不動産会社に対する要望で最も多いのは「正確な物件情報の提供」
(1)不動産会社について求めるもの (2)不動産会社の不満、満足それぞれ感じたこと
■住まいに対して男性「自然環境」、女性「親との近居」求める
住まいに対する考え

第4章 賃貸管理戸数ランキング

■管理戸数ランキングトップ10
11位〜54位 55位〜100 101位〜200位
201位〜300位 301位〜400位 401位〜500位
501位〜616位 617位〜732位 733位〜848位
849位〜964位 965位〜1078位

第5章 エリア別賃貸建築有力企業

■北海道・東北エリア:北海道勢抑えて東北の雄が首位
■北陸・甲信越エリア:土地活用ニーズの多様化が進む
■関東エリア:投資家向けに営業する会社がトップ3
■東海エリア:RC造マンション建築会社が上位に名を連ねる
■近畿エリア:地主営業から投資向けに拡大する大阪の主力企業
■中国・四国エリア:リピーター受注が多い岡山の雄
■九州・沖縄エリア:人気エリアの賃貸住宅開発一服し、次の手模索
■住宅メーカー:各社「融資の厳格化」により着工数減少

第6章 都道府県別賃貸住宅市場

表の見方
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
~便利な「データ版」もあります~
書籍全頁のPDFデータ及び表・グラフのエクセルデータをCD-ROMで提供する商品。 原則、社内向けの転載・引用が可能です。 尚、1セットにつき1冊の書籍が付いています。

⇒データ版の購入はこちら

RECOMMEND ITEMS お勧め商品

カテゴリ一覧

カテゴリ一覧

ページトップへ